自己破産とブラックリスト

融資を受けたのに自己破産をするような事体になると、ブラックリスト入りすると言われています。ブラックリストとは、信用情報機関に自己破産が事故情報として登録されることです。信用情報機関とは、顧客の信用情報を管理しているところです。自己破産だけでなく、延滞や、ローンの返済状況など、キャッシングの返済実績について確認できます。
信用情報機関に照会をすることで、金融会社は審査の判断根拠としているわけです。他社借入件数が多い人や、返済を滞らせたことがある人、自己破産の経験があるという人は、この段階でわかります。審査内容は会社ごとに異なりますが、いずれの場合でも、信用情報会社に自己破産情報が残っている顧客に融資をするような会社はありません。5~7年は、自己破産の情報は記録として残されているでしょう。
クレジットカードをつくるための審査も、自己破産情報が残っている限りは通りません。このため、悪徳金融業者が自己破産経験者に、うちなら融資が可能ですよとキャッシング融資を持ち掛けてくることがあります。これらのヤミ金融といわれる、悪徳業者です。自己破産してしまい、融資が受けられない状況のはずなのに、誘いをかけてくるような金融会社があれば、その話には何か裏があるのかもしれません。
一度自己破産をした人は、しばらくたってからでないと融資を受けることができないため、非合法業者のカモにされがちです。仮に自己破産をしたとしても、余剰の資金がふえるという事態にはならないのです。もしも自己破産が希望通りに進んだとしても、次にいつ何が起きるかわからないと心得て、慎重に行動することが大事です。