クレジットカード会社の審査

さまざまな会社の中からクレジットカードを選んで申込みをしたからといって、全ての人が所有できるわけではありません。クレジットカードを所有するには、審査にパスする必要があるからです。
では、クレジットカード会社が行う審査とは、どのようなものなのでしょうか。決裁日に、間違いなく支払いをしてくれる客でなければ、クレジットカード会社はカードを出しません。
貸し倒れリスクが生じないように、住所がはっきりしていることは大事です。クレジットカードで使ったお金をきちんと支払うことができる客かどうかは、クレジットカードにとって大事です。
支払い能力がある客かを判断する根拠として、申込み用紙の情報を点数化し、一定数字をクリアしているかを調べています。
その項目とは、年齢、勤続年数、職種、勤務先、年収、居住年数などで、年齢と勤務先の状況が一番のポイントです。最もクレジットカード会社が重視するのが、過去の支払履歴や借り入れの状況です。
個人信用情報センターという中立機関に照合し、照会をします。これで、他社からの借り入れがないかや、返済に滞ったことがないかなどがわかります。
同時に、いくつかのクレジットカード会社への手続きをすると、そのせいで審査に通過しにくくなってしまうことがあります。審査では、家に電話がある人のほうが有利です。
クレジットカード会社側からは、家に電話を引いている人のほうが望ましいようです。審査の基準は一律ではなく、クレジットカード会社によっては審査の基準を甘く設定していたり、その逆もありえます。